ホーム > 製品情報 > 燃料電池用 > 燃料電池用トップ: HIBLOW FC

家庭用燃料電池システム補機~HIBLOW FC概要

HIBLOWシリーズは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」にて採用されています。

非常にシビアな条件が求められる家庭用燃料電池システムにおいて、テクノ高槻のHIBLOW FCシリーズは最適で安定した風量を提供します。

エネファームについて

エネファーム(ENE・FARM)は、都市ガスなどから水素を取り出して発電する新しいエネルギーシステムです。

自宅に設置したエネファームで電気を発電し、さらに発電時に生じる排熱を利用してお湯もつくりだすことができます。

火力発電所とは異なり、排熱をも利用できるため高いエネルギー利用効率が実現でき、二酸化炭素(CO2)削減にも貢献できます。

家庭用燃料電池における弊社の取り組み

平成17年度から3年間にわたり、NEDO (独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)による委託事業「固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発」に参加し、家庭用燃料電池システムに搭載する高効率・高耐久性を有する都市ガス・LPGの昇圧用ブロワ【FC-0520N】の開発に成功しました。

これにより、家庭用燃料電池システムの市場化に大きく貢献しました。

この他、家庭用燃料電池システムに搭載する空気ブロワに対応する専用品を自社開発しており、「HIBLOW FC」のラインナップを拡充させていきます。

NEDO WEBサイトNEDO WEBサイト

エネファーム専用HIBLOWシリーズ

エネファームは原燃料から電気をつくりだす「燃料電池ユニット」と、排熱からつくられたお湯を貯める「貯湯ユニット」で構成されています。

HIBLOWシリーズは、燃料電池ユニットの各所において最適なラインナップを揃えています。

燃料昇圧ブロワ

都市ガスなどの原燃料を昇圧し、改質器へ送り込みます。
燃料昇圧ブロワ:FC-0520N, FC-2030G採用ブロワ:FC-0520N(NEDOプロジェクト参画製品)

燃焼バーナ空気ブロワ

原燃料を燃焼するためのバーナに空気を送り込みます。
燃焼バーナ空気ブロワ:NS-30, GP-30弊社推奨ブロワ:NS-30, GP-30

選択酸化空気ブロワ

水素の生成過程で生じる一酸化炭素を減少させるために空気を送り込みます。
選択酸化空気ブロワ:PROX, FC-0220, FC-1020弊社推奨ブロワ:開発中PROXブロワ(仮称)

カソード空気ブロワ

水素と反応させるための空気を燃料電池スタックに送り込みます。
カソード空気ブロワ:FC-8040, FC-6030採用ブロワ:FC-8040

HIBLOW FC概略紹介FLASHムービーへのリンク<<エネファームに導入されているHIBLOW FC紹介動画をご覧ください。
HIBLOW FC:ページトップへ戻る
 | ニュースリリース | サイトマップ | サイトのご利用にあたって |