ホーム > 製品情報 > HIBLOWとは

高効率・高性能エアーポンプ、HIBLOW:ハイブローについて

当社のエアーポンプ「HIBLOW:ハイブロー」は発売以来、40年以上経過いたしました。当社は、国内で初めて電磁式ダイヤフラム方式を開発し、業界のパイオニアとして確固たる地位を築いてまいりました。そして、現在までに1,200万台以上の生産実績を数え医理化・家電・観賞魚・浄化槽など、多方面にわたって利用されております。

※「HIBLOW(ハイブロー)」はテクノ高槻の登録商標です。

HIBLOWの動作原理

上の図のように、交流電源をロッドに固定された永久磁石と対向する電磁石に通電すると磁力作用により両磁石間で吸引・反発の力を受け、ロッドが左右に移動します。
ロッドは電源と同じ周波数で振動し、ケーシング内の容積変化と、弁の作用により圧縮空気を送る仕組みとなっています。

HIBLOWとは:ページトップへ戻る

HIBLOWの製品特長

高耐久性
振動部は2枚の特殊合成ゴム製ダイヤフラム間に支持されたロッドが、左右に振動する構造により長期連続使用に耐えます。
給油不要
摺動部がないため給油の必要がなく、常にクリーンな吐出気体を得ることができます。
高効率
電磁振動構造で機械的摺動部がないため、消費電力は極めて低く高効率です。
小型・強力
永久磁石に作用する電磁石を前後に2個使用し、一層バランスの良い完全均衡型振動機構を採用していますので小型で強力です。
低騒音
空気回路的に、また振動系的に防音構造を主眼として設計されており、ポンプ作動音は静かです。
安定風量
吐出風量が非常に均一で脈動が少ないので、一定の圧力・風量を要求される空気源として最適です。
高保守性
メンテナンス性を重視した設計で、安心して長期使用できます。
万一ダイヤフラムなどが破損した場合でも容易にパーツ部品の交換が可能です。
HIBLOWとは:ページトップへ戻る
 | ニュースリリース | サイトマップ | サイトのご利用にあたって |